解熱鎮痛剤といえば、熱を下げるだけではなく頭痛や歯痛、生理痛などにも効果があるポピュラーなお薬の一つです。
解熱鎮痛剤は病院でももちろん処方されます。
しかし最近では、ドラッグストアでも病院で処方されるのと同じ成分の解熱鎮痛剤を購入することが可能になっています。
日常的に起こりうるこれらの症状に備え、常備薬として持っておくことも備えとして大切です。
手軽に手に入るお薬ではありますが、服用方法や使用方法を守り正しく使用することが大切です。

解熱鎮痛剤の作用について

解熱鎮痛剤を飲むと、なぜ熱が下がったり、痛みが和らいだりするのでしょうか。
これは、解熱鎮痛剤の作用に秘密があります。

痛みや、炎症、発熱は、どれも「プロスタグランジン」と言われる物質が関わっていることがわかっています。
プロスタグランジンは、体の中で作られるホルモンの一つです。
プロスタグランジンは、血管を拡張させる作用、発熱や炎症に関する作用や、子宮を収縮させる作用など、様々な作用が確認されています。

体に何らかの刺激が加わると(体に傷がついた時など)、酵素の作用によりアラキドン酸が変化してプロスタグランジンが作られます。
プロスタグランジンが産生されると、痛みを強く感じ、血管が拡張して炎症を引き起こします。
このプロスタグランジンは、脳の視床下部の体温調節中枢という部分にも働きかけるので、この作用で発熱が起こります。

解熱鎮痛剤には種類があります。
アセトアミノフェンやサリチル酸、アセチルサリチル酸、イブプロフェン、ロキソプロフェンなどの種類があります。それぞれ作用機序が異なります。
アセトアミノフェンの場合は、具体的な作用機序はわかっていませんが、中枢神経に働きかけることで解熱鎮痛効果を発揮するとされています。
アセチルサリチル酸やイププロフェン、ロキソプロフェンの場合は、酵素の働きを阻害することとでプロスタグランジンの生成を抑える働きがあり、これにより解熱鎮痛効果を発揮します。

よく聞く市販薬や処方薬では、カロナールやロキソニンがあります。
カロナールはアセトアミノフェンですので、中枢神経に働きかけることで作用を発揮するお薬です。
また、ロキソニンはプロスタグランジンの生成を抑えることで作用を発揮するお薬です。

痛み止めの飲みすぎはダメ!正しい飲み方とは

痛みは辛いものです。痛み止めが効いている間は痛みから解放されますが、痛み止めが切れてくるとまた痛みがひどくなる。
こんな時は、痛み止めが切れてきたらすぐにまた追加でお薬を飲みたくなります。
しかし、痛み止めの飲み過ぎは要注意です。一度飲んだら最低でも4時間は開けるようにし、一回の服用量や1日の服用上限量は守ることが大切です。
空腹時に飲むのではなく、できるだけ食後に服用するようにすることも大切です。
効かないからといって一度に多く服用したり、頻繁に服用したりしてはいけません。

また、解熱鎮痛剤を使用している時は、他の種類の解熱鎮痛効果を併用してはいけません。作用が強くなり副作用のリスクが高まります。
ロキソニンの場合は胃腸障害が出る場合がありますので、できるだけ食後に服用するか、胃薬を併用して飲むことをおすすめします。
この他の副作用としては、吐き気や嘔吐、発疹などがあります。これらの症状が出た場合には、服用を中止して病院を受診しましょう。

一方でカロナールは副作用が少ないお薬として知られています。このため、妊婦さんでも飲める解熱鎮痛剤として処方されます。
しかし絶対に副作用が出ないわけではなく、吐き気や嘔吐、食欲不振などの副作用が見られることがあります。
この場合も服用は中止して病院を受診するのが良いでしょう。

また、子どもに対して使用する場合はさらに注意が必要です。
ロキソニンに関しては、新生児や乳児、幼児、小児に関しては安全性が確立しているお薬ではありません。
大人が処方された(購入した)ロキソニンを小さくして子どもに服用させるというのは絶対にやめましょう。

解熱鎮痛剤と併用できない薬

解熱鎮痛剤と併用してはいけないお薬もあります。
解熱鎮痛剤には先述したように種類がありますので、全てに当てはまらないかもしれませんが、一般的に解熱鎮痛剤と併用ができないお薬について述べていきます。

まずは風邪薬です。
風邪の時には頭痛もしますので、風邪薬と頭痛薬を併用したくなることもありますがこれらは併用できません。

一般の風邪薬には解熱鎮痛剤と同じような成分が含まれていることがあるためです。
風邪薬と言われるものは、一般的に喉の痛みや発熱、鼻腔の腫れなどに聞くお薬です。
さらに頭痛を抑える効果もあります。
このため、解熱鎮痛剤と風邪薬を併用してしまうと、成分が重複してしまい、副作用が出たり、効果が強すぎたりしてしまう場合もあります。

また、解熱鎮痛剤どうしを併用することもできません。
種類の違う解熱鎮痛剤同士でも、効果を強めすぎてしまいますし、副作用が出る可能性が高まります。

乗り物酔いの薬とも併用できない場合があります。
乗り物酔いのお薬は、抗ヒスタミン薬であり、解熱鎮痛剤にも同じ作用を持つものが含まれている場合があります。
この場合、併用してしまうと副作用が強く出てしまいます。具体的には眠気が強く出てしまうことがあります。
ただし、乗り物酔いのお薬と解熱鎮痛剤を併用できる場合もあります。

併用したい場合には重複した成分が入っていないか、解熱鎮痛剤(もしくは乗り物酔いのお薬)との併用が可能かをよく調べる必要があります。
抗生物質を飲んでいる場合も、解熱鎮痛剤との使用に注意が必要な場合があります。
このため、抗生物質を病院で処方されている場合は、解熱鎮痛効果を併用可能か確認しておきましょう。

病院などで風邪薬をもらう場合には、解熱鎮痛剤と併用可能な場合があります。
この場合は、医師や薬剤師が併用可能か判断しています。心配であれば医師や薬剤師に相談しましょう。

風邪の病原体によっては、解熱鎮痛剤を服用することで症状を帰って悪化させてしまう場合もあります。
安易に解熱鎮痛剤に頼らず、体調がすぐれない場合には病院を受診するということが必要です。

解熱鎮痛剤カロナールの長い歴史

カロナールに含まれるアセトアミノフェンの歴史は古く、1873年にドイツで合成されたパラアミノフェノール誘導体です。
150年近くも前からあるものと言えます。
医薬品として使用されるようになったのは1893年ですが、アセトアミノフェンが解熱鎮痛剤として使用されるようになったのはもっと後であり、1949年以降です。
それ以前に使用されていた解熱鎮痛剤には副作用が強く、安全性や副作用の出現の低さから、アセトアミノフェンがよく用いられるようになりました。
これらのことから「古くて新しい薬」とも言われています。

日本においても、カロナールは古くからある薬で実績もあり、海外においても最もポピュラーな解熱鎮痛剤とされています。
日本では、カロナールの歴史は1984年にさかのぼります。この時はまだカロナール顆粒の販売のみでした。
現在のカロナール錠剤が発売されたのは、1996年です。その間に、カロナールの座薬が1987年に発売されています。
2000年には、カロナールのシロップも発売されています。また、2003年には、カロナール300mgが発売となりました。

このように、カロナールには一般的にしれられている「錠剤」だけではなく、他の種類についても開発されており、また日本でも長い歴史を持ったお薬と言えます。
カロナールの顆粒が発売されてからは30年以上が経っています。
日本は、薬の販売に関しての規制が厳しいのですが、その中でも安全なお薬として長い歴史を持っていることがわかります。
比較的安全なお薬ではありますが、服用方法をしっかりと守ることが大切です。
頭痛や、歯痛などがある場合など、手軽なお薬ではありますが、使用しても良くならない場合はそのままにせず、医師の診察を受けましょう。

あわせて読みたい記事