インフルエンザの時でも解熱鎮痛剤は使用可能?

インフルエンザは高熱が出ることが特徴として挙げられます。
高熱の対処法としては解熱鎮痛剤を処方することが多いですが、インフルエンザの場合は注意が必要です。

解熱鎮痛剤は種類が多く、インフルエンザの時に使用しても良い成分と、使用してはいけない成分があります。
なぜインフルエンザの時に使用できないのかというと、インフルエンザ脳症やライ症候群の発症要因となる可能性が高いためです。

インフルエンザの時の解熱鎮痛剤の使用は、特に15歳未満で使用禁止となっている成分があります。
これは市販されている解熱鎮痛剤でも言えることです。
15歳以上でもインフルエンザの時はむやみに解熱鎮痛剤を使用しない方がいいと言われています。

インフルエンザで発熱した場合、成分によっては解熱鎮痛剤を使用することができますが、発熱は体がウイルスに対抗するための反応でもあります。
したがって、無理に下げてしまう必要はないのです。
高熱や頭痛で非常につらいときに服用する方が良いという意見もあります。
そのため、医師によってはインフルエンザの時に解熱鎮痛剤を処方しないこともあるのです。

急な高熱など、明らかにインフルエンザが疑われるときは自己判断で薬を服用せずに病院を受診するのが望ましいです。
インフルエンザの流行時期は特に注意します。

流行前に予防接種を受けておくことは有効ですが、予防接種の前後は解熱鎮痛剤の服用は控えます。
発熱があり解熱鎮痛剤を使用するほどの状態では予防接種を受けることに適しているとは言えないです。
また、予防接種後に発熱や頭痛などの副反応があらわれることがあります。
その時に解熱鎮痛剤を服用してしまうと、医療機関を受診した際に副反応かどうなのか分からなくなってしまうという意見もあるので、予防接種前後に服用するのは避けた方がいいです。

このように、インフルエンザの時は使用できる成分とできない成分があるため、自己判断で服用しないことをおすすめします。

タミフルやリレンザと解熱鎮痛剤は併用できる?

インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因で高熱や頭痛が起こります。
治療は抗インフルエンザ薬の使用です。抗インフルエンザ薬の種類は多くなく、よく知られているのはタミフルやリレンザです。
タミフルは内服薬、リレンザは吸入薬として使用します。

タミフルやリレンザを使用しているときに高熱や頭痛が起きた場合、解熱鎮痛剤の併用は可能です。
タミフルやリレンザには熱を下げたり頭痛を緩和させる作用がないため、解熱鎮痛剤と併用することができます。
反対に、抗インフルエンザ薬の働きは、細胞の中でインフルエンザウイルスが増殖できないようにすることです。
解熱鎮痛剤には、インフルエンザウイルスに対抗する働きがないというのが併用可能な理由になります。

病院ではインフルエンザと診断されると、タミフルやリレンザと一緒に解熱鎮痛剤が処方されることがあります。
ただ、タミフルやリレンザは処方された分はすべて使用するのに対し、解熱鎮痛剤は高熱や頭痛がひどいときだけ服用する頓用です。
「熱が38.5度以上のときに服用してください」といった指示を受けることが多いです。

タミフルやリレンザを服用しても熱が下がらない場合、市販の解熱鎮痛剤を服用する方法もあります。
インフルエンザで使用できない成分があるので注意することが必要です。
しかし、タミフルやリレンザを服用して5日以上経過しても熱が下がらない場合は合併症を発症している可能性があります。
合併症はインフルエンザ脳炎やライ症候群、肺炎などもあり、高熱が出ている場合は肺炎が考えられるので、もう一度病院を受診した方がいいです。

このように、タミフルやリレンザと解熱鎮痛剤は併用することが可能です。市販薬は成分に注意して使用します。