生理痛の激しい痛みには低用量ピルで対策

低用量ピルは避妊のために活用されている薬剤ですが、低用量ピルの効果は避妊だけにとどまるわけではありません。
低用量ピルは激しい痛みを伴う生理痛にも効果がある薬剤です。
低用量ピルは、排卵を止めることによって月経痛の激痛を軽減することができ、月経量も減るため、激しい生理痛の治療薬としても活用することができます。
激しい月経痛が生じる原因となる排卵をコントロールすることができるので、月経痛の症状を継続的に軽減する効果があります。

生理中には子宮の収縮を促すプロスタグランジンという物質が作られるようになります。
女性の身体の仕組みとして、妊娠がなかった場合には、子宮内で不要になった子宮内膜が剥がれ落ちます。
子宮内膜が剥がれ落ちる際には出血が起こります。これが生理のメカニズムです。

プロスタグランジンという物質は、子宮を収縮させ、不要になった子宮内の粘膜を血液とともに身体の外にスムーズに押し出す働きをしています。
身体の外に不要になった子宮内の粘膜を血液とともに身体の外に押し出そうとすると、プロスタグランジンが過剰に分泌され子宮が強く収縮するようになります。
その結果として、腹痛などの症状を引き起こします。

プロスタグランジンの分泌が過剰になってしまうと、子宮の収縮が強くなって生理痛を引き起こすようになります。
子宮内膜を剥がした際に生じる経血を押し出すために、このホルモンが過剰に分泌されるようになると子宮がどんどん収縮することによって激しい腹痛を引き起こす場合があります。
これが生理痛のメカニズムです。
ちなみに、赤ちゃんを産む時の陣痛も、このプロスタグランジンという物質によって引き起こされます。
陣痛と同じような激痛を引き起こす可能性もあるため、当然、プロスタグランジンが過剰に分泌されれば、生理痛も激痛を伴う場合があることになります。

低用量ピルによって排卵を抑えることができれば、卵巣から黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンと呼ばれる子宮内膜に働きかけるホルモンの分泌を抑えることができるようになります。
この黄体ホルモンの分泌が抑えられるとプロスタグランジンという物質の量も減少することから、生理痛の痛みも軽くすることができます。

日本人向けのトリキュラーで生理痛改善

激しい生理痛の改善には低用量ピルが有効であることを説明してきました。
低用量ピルには様々な種類のものが販売されていますが、その中でも生理痛の改善に有効なのがトリキュラーです。
トリキュラーは低用量ピルの一つであるため、もちろん避妊効果も認められますが子宮内膜や頚管粘液に対する作用もあります。

トリキュラーには、全ての錠剤に有効成分が含まれている21錠タイプのものと、有効成分が含まれていない錠剤(プラセボ)が7錠入った28錠タイプのものがあります。
どちらの場合でも、主成分として含まれているのはレボノルゲストレルという成分で、この成分が激しい生理痛を緩和します。
トリキュラーの主成分として用いられているレボノルゲストレルは、他の低用量ピルにも用いられているほど安全性の高い成分であり、トリキュラーに含まれるレボノルゲストレルが排卵を抑制し、生理痛を改善します。
身体の中のホルモンバランスを変化させるため、飲み始めには副作用として吐き気や頭痛などの症状があらわれる可能性がありますが、生理痛を軽減する効果は非常に高いです。

トリキュラーの他にも、生理痛の改善を期待できる薬剤があります。
その薬剤がバファリンルナiです。
バファリンルナiにはイブプロフェンとアセトアミノフェンが成分として含まれており、痛みの中枢と抹消の両方から素早く痛みをブロックしてくれます。
イブプロフェンが痛みの元に作用し、アセトアミノフェンが痛みの伝達に作用して痛みを軽減する仕組みです。

特に、バファリンルナiは痛みに効く成分であるイブプロフェンが早く溶けるように工夫されているため、痛みを素早く解消することができるという特徴があります。
トリキュラーとは異なり、バファリンルナiは鎮痛剤であるため、副作用も少ないですがトリキュラーよりも生理痛を軽減する効果は少なくなります。