腰痛のつらい痛みにはストレッチで改善

腰痛の原因は数多くあります。加齢によるものだけではなく、普段の生活習慣が原因になっている場合もあります。
腰は何かと負担がかかる部位なので、症状によっては日常生活にも支障をきたす場合があります。
腰の痛みや不具合が多い人は積極的な行動が取れず、筋力が低下すると症状が悪化してきます。

この様な腰痛に対してストレッチが効果的である場合があります。ストレッチは空いた時間を利用して気軽にできる腰痛対策です。
しかし体の仕組みを理解した上で適切な方法で行わなければ、逆効果になる場合もあります。無理をせず、慎重に行う事が必要です。
ストレッチの大きな目的は筋肉の柔軟性を高める事にあります。しなやかな筋肉は関節の可動域を広げ、動きをスムーズにします。
怪我を予防して疲労回復を早めます。

まず自宅や職場で簡単にできる方法を試してみる事が必要です。
腰に手を当て、頭の位置を変えずに腰だけゆっくり回します。骨盤の歪みやズレが解消して痛みが和らぎます。
そして椅子に座ったままで両足を腰の幅に開き、左手で右の太ももを掴みながら右側に身体をひねります。
伸びきった所で数秒間止めます。この様な動作を左右交互にくり返します。

そして寝る前に布団やベッドの上でするストレッチです。
仰向けに寝たままで膝を立て、両膝を左右へゆっくり倒して数秒間止めます。
今度はうつ伏せになり、肘を立てた状態で膝を曲げ、深呼吸をします。これ等のストレッチは入浴後のリラックスした時にするのが効果的です。

そして自宅でのストレッチに役立たせる事ができるグッズを利用してみるのも良い方法です。
中でもバランスボールは仰向けに寝転がるだけで背筋が伸び、腰の周りの筋肉を緩めてくれます。
更にバランスボールは姿勢を維持して支える役割をする体幹を鍛える事もできます。
ホームセンターや通販サイトを利用すれば、格安で購入する事ができます。バランスボールの購入の際は身体に合った大きさのものを選ぶ事が必要です。

腰痛に効果があるツボを刺激してみる

腰痛のつらい痛みを解消する為には、ツボを刺激してみるという方法があります。
身体には数多くのツボがあるので、腰痛の改善に効果が期待できる場所を定期的に刺激します。

腰腿点
まず人差し指と中指の間と薬指と小指の間の真下にある棒状の中手骨の付け根にあるのが腰腿点というツボです。 2ヶ所のツボを心地よいと感じる強さまで刺激します。 腰腿点はぎっくり腰等の急性の腰痛に効果が期待できるツボです。
命門
おへその真後ろにあるのが命門です。 命門も中指の先をツボの位置に重ねて同様に心地よい強さまで刺激していきます。
照海
内くるぶしの真下のくぼみにあるのが照海です。 照海を親指で押し込む様に刺激すると鈍痛を感じる場合もあります。 つらい腰痛に悩まされている人はこれ等のツボを定期的に刺激するだけで症状が緩和されていきます。 そして腰痛を放置していても自然に治る事は少なく、慢性化して症状をくり返す場合もあります。 できるだけ早く根本的な解決策を講じる事が必要です。 そしてこれ等の症状はストレスとして心身共にダメージを受ける場合もあります。
神門
ストレスを和らげる効果が期待できるのが神門です。 小指の付け根から真下にあるくぼみがツボになります。 気になる時だけでも刺激しておけば、効果が感じられます。

そしてツボは他の施術方法と比較して簡単な上に即効性があるので、気軽にできるセルフケアとして広まっています。
しかし体調の悪い時は避ける事が必要です。特に発熱時や手術時、飲酒した時にツボを押すと、健康を害する場合もあるので、注意が必要です。
そして腰痛の中には内臓疾患等の他の病気が原因となっている可能性もあります。
長期間症状の改善が期待できない場合は医師の診察を受けた方が無難です。